野村グループ・アクセラレーション Voyagerへ参加

遅ればせながら、4月1日〜7月12日までに渡る野村グループのアクセラレーション「Voyager」の発表を終えました。

100社を超える中から弊社含め5社選んで頂き、野村様の遊休不動産の活用につき、成果を発表させて頂きました。

【プログラムの様子】

 

 

今回のメンターであるTKPの河野社長に2週間に1度叩いて頂きながら具体的な提言や様々な方をご紹介頂き、野村證券のエース藤井さんに不動産案件を持って来て頂き、池田さんやDTVSの大平さんにきめ細かくサポート頂き、コンサル会社のニジボックスさんに不動産管理会社様へのマーケティングリサーチを行って頂き、発表直前にはDTVSの外山さんにプライベート時間を全て削って頂いて事業計画書をほぼ0から作り直して頂き、、、、フルハンズオンのアクセラレーションプログラムでした…!(お世話になりっぱなしで申し訳ないです…。)

僕らが開発に集中出来る様に気を使って頂き、広報やオフィス、何か必要なものがあれば全て準備して下さいました。

皆様にはプログラムのサポートに尽力して頂いた為、発表では全てを出し切る事が出来ました。1つの大会を終えた様な気持ちですが、寧ろこれからがスタートです。

 

具体的な事はまだ書けないのですが、大きな一歩を踏み出すべく、色々な準備をしているところです。

至れり尽くせりの3ヶ月間強、本当に有難う御座いました!!

 

======東京ハースの事業の特徴=====

私達は外国人や日本人の為の国際的な賃貸を円滑に行う為のB to B to Cプラットフォーム「BeLiving」を以下2点の特徴を以て構築しています。

<不動産の賃貸>
1.オンライン対応:業者を越えた外国人OK物件検索、IT重説、電子署名、一人で録画面談、支払い、チャット、保証など。

2.ニーズに応じた住居作り:家を作ってから掲載(プロダクトアウト)では無く、世界中のニーズを集めた(マーケットイン)ライフスタイルに基づいて物件の企画・運営を行う。

(良く聞かれるのが、Airbnbは短期の観光客向けですが、私達は長期(1ヶ月以上)の賃貸人向けです!そして、集客、運営、入退去など、既存の不動産会社様をサポートするB to Bの機能も全てオンラインにて一括で行います!)

<在留外国人の関連事業>
賃貸から売買、在留外国人のデータを用いた関連事業など、アップセル&クロスセル、どちらの展開も考えています。