2022年問題

オリンピック後の問題。 益々進む空室問題に備えて、もっと外国人が住みたいと思える環境を整えなきゃ。 団塊の世代が築いた40年の持ち家をターゲットに、「相続や節税効果についてのみを謳いながら、収益性を度外視したプランで、アパート経営を呼びかける業者が増えているため…」きちんとオーナーさんに稼がせてあげるマネジメントを提案出来る様に準備中。 引用元:SHINOKEN WAYS様「日本人が本当に考えないといけない2022年問題」より。(2017年5月31更新) https://www.apartkeiei.com/articles/-/43?wh=jbpress_columun_last